交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 馬橋に山下清がいたなんて! | トップページ | よき伝統とリ・デザイン »

2010年8月28日 (土)

風呂敷の魅力を再発見した

高田喜佐さんの著書『暮らしに生かす江戸の粋』をパラパラと見ていたら、目にとまったのが「銀座くのや」の風呂敷で、酒瓶を包むのにいい感じだ。

銀座くのや

「銀座くのや」には知り合いがいて、何度か行ったけど、風呂敷は目につかなかったなあ、なんて思いながら、訪ねると4階にあるという。

エレベータで4階にあがると、畳敷きの和室いっぱい、膨大な数の風呂敷がならんでいる。

畳の上で風呂敷を広げてみてもらうようにしたいという、店主の考えでこういう売り場になっているということだが、何だか時代をタイムスリップした感じ。

異次元空間に迷い込んだみたいだ。

神田の家でやっていた広重の「江戸百」展覧会も畳の上に置いた錦絵をじっくり見られる工夫がよかった。

靴を脱いで畳の上で正座して、美しいものを眺めると、忘れていた感性が甦ってきて、心が喜んでいるのがわかる。

色々説明を聞いて、宝づくしの柄の木綿の風呂敷を買ったのだが、外国のお客さんはタペストリーのように壁掛けとして飾ることも多いという。

外国人が芸術品として飾るようなアートを日常的に使いこなしていた昭和の頃までの日本人はなんて、贅沢でおしゃれな人たちだったんだろうって、改めて実感した。

早速今日は本を風呂敷で包んで、町に出かけよう。

本を入れるのに、長い間重いカバンで苦労してきた。

今日から町の風景が違って見えるよ。きっと。

« 馬橋に山下清がいたなんて! | トップページ | よき伝統とリ・デザイン »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂敷の魅力を再発見した:

« 馬橋に山下清がいたなんて! | トップページ | よき伝統とリ・デザイン »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31