交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ダメなゴッホを好きになった。 | トップページ | おいらいちぬけた。 »

2010年7月29日 (木)

花火の夜は北斎の絵のようだった。

27日の夜は柴又の花火大会。

最近息子が金町のマンションに引っ越したので、これ幸いと留守中の息子の部屋に上がり込んで、花火見物をした。

花火って、一人で見るモンじゃないですな。

わあわあ、きゃあきゃあ、無意味なおしゃべりを楽しみながら見るモンで、一人でじっとしていると、花火より、夜空に浮かぶ隣のお月様の方が美しくみえてしかたがない。

だんだん飽きてきたので、江戸川の周辺に繰り出す人の波を見ようと、金町を歩くと、ものすごい人混み。

どこからこれだけ人がわいて出てくるんだろう。

浴衣の若いカップルが目につくし、外国人の浴衣姿もあんまり数が多いので、全然違和感がない。

会社帰りのダサイおじさんには、夏の夜を楽しむ多国籍な人々のしなやかさが、うらやましく見える。

最近奥野卓司『ジャパンクールと江戸文化』という本を読んだが、最近の日本のポップカルチャーのオリジナルは江戸文化にあって、海外でも人気をよんでいるらしい。

海外のことはよくわからないけど、僕はあの人混みを見て、葛飾北斎の屏風絵「絵本隅田川両岸一覧」を連想してしまった。

(ちなみに本作品は無料素材サイトのソルマーレさんからの借用です)

僕が10代の頃、高度成長期の隅田川は鼻が曲がるほどのひどい悪臭で、近寄る人もなく、花火大会などとんでもなかった。

その頃「神田川」という歌が流行ったが、神田川の近所の中学に通っていた僕たちには、ドブ臭いイメージの歌で、ちっともいい歌だと思えなかった。

そんな時代からすると、今は隔世の感がある。

水辺を楽しむ暮らしが、すこしづつ戻りつつある。

そんな予兆を感じる。

« ダメなゴッホを好きになった。 | トップページ | おいらいちぬけた。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花火の夜は北斎の絵のようだった。:

« ダメなゴッホを好きになった。 | トップページ | おいらいちぬけた。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31