交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« だらだらな夏。日本の夏。 | トップページ | 花火の夜は北斎の絵のようだった。 »

2010年7月25日 (日)

ダメなゴッホを好きになった。

金曜日は乃木坂の新美術館、今日は深川の現代美術館とあちこち美術館通いが続く。

正直言って、100点の作品を見て、衝撃を感じるのは1点くらい。

さらに魂を揺さぶられるのは、その中のごくわずか。

セザンヌはキュビズムの理論的支柱でどうとか、スーラの点描画法が云々とか言われても、ちんぷんかんぷんで、「猫に小判」状態

知識があればもっと、見所がわかって、色々楽しめるんだろうけど、あえて勉強しない。

40過ぎて初めてジャズを好きになった時のやりかたで、今アートに接している。

とにかくどんどん接するしかない。

そして嫌いなものをどんどん振り落としてゆくしかない。

とても無駄の多いやり方だから、宝を見つけた時の感動は大きい。

新美術館のオルセー美術館2010「ポスト印象派」展にゴッホの作品が展示されるのは知っていた。

みんなが騒いでいるゴッホは曇りない眼で見て、「つまらん」と振り落とそうと考えていた。

ところがくやしいことにゴッホの作品特に「星降る夜」に目が釘付けになってしまった。

隣の「自画像」をみても、同じように、後から後から感動がわき上がってくる。

どうしてこの人はこんなに泣きたくなるような絵がかけるんだろう。

あとで知ったのだけど、この人は生前まったく評価されず、一枚しか絵が売れないダメダメな人だった。

絵で食べるどころか、教会に行って牧師になろうとしても、うまくいかなかったり、何をやっても時代とずれていて、天才であるがゆえの苦しみは、凡才には理解できないのかもしれないが、そこに宮沢賢治の苦しみと同じようなものを感じ、何かとても共感してしまった。

秋には同じ場所で「ゴッホ展」が開催される。

いまから楽しみだ。

« だらだらな夏。日本の夏。 | トップページ | 花火の夜は北斎の絵のようだった。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ゴッホの絵、私も好きです。

巨匠は孤高の人であることが多いし、仰ぎ見る絵は天のものであると思います。そんな絵に触れることができるだけでも幸せですよね。

本物の持つ力は圧倒的で、その力に吸い寄せられる目をしっかり持ちたいのですが、好き嫌いでしか判断できない情けなさ。それはたぶん自分の中にそれを受け止める中身がないからなのだと思います。とにかくたくさん見ることが必要なことでしょうね。石井さんのエネルギーに脱帽!です。


necoさんコメントありがとうございます。
ずっと前に書いたはずなのに、私のコメントは消えてたみたい。
昔、あるワカゾーに「下手の横好き」って言われたことがあります。
何をやっても、なかなかまとまりがつかない半端モンな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダメなゴッホを好きになった。:

« だらだらな夏。日本の夏。 | トップページ | 花火の夜は北斎の絵のようだった。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31