交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« アクロス・ザ・ボーダーライン | トップページ | ごめんよ。ニニ・ロッソ。 »

2010年6月 5日 (土)

最近読んだ本のことなど

金曜の夜、勤めからの帰りにお茶の水から湯島聖堂の前を通って、神田明神にお参りした。

昼もいいけど、ひとけの少ない夜、平将門を祀ったこの神社はとても美しく、聖なる空間の趣がある。

そういえばちょっと前に、茨城県生まれで取手の小学校で教えたこともある青木更吉先生から平将門の話をいろいろ教えてもらった。

あの徳川家康ですら、将門の不可思議なパワーに畏怖の念を抱き、大手町から江戸城を守る鬼門である今の場所に移設したと言われている。

朝廷に反逆したとして、明治以降は悪党扱いされているが、利根川周辺では庶民の暮らしを大事にした名君として、将門さまと呼び、永遠のヒーローなのだそうだ。

茨城生まれの私とて、同じ思い。

好きだな。将門さま。

ところで、将門さまの御利益か、何だかわからないが、最近タイミングよくいろんなことが成就する。

何をやっても空回りしていた一年半が嘘のように、いろいろな物事が回転(というより統合か)し始めた。

中でも一ヶ月前まではどうにも理解できなかった、縄文の心が宮沢賢治を媒介に急に身近に思えるようになったのが一番うれしいできごとだ。

そんなさなかに出会ったのが詩人宗左近の『縄文物語』。

惜しげもなく大量のカラー写真が使われ、とても贅沢な本になっているけど、問題はその中身だ。

縄文時代、芸術と宗教がまだ未分化な時代の土器が芸術作品として、どれだけ価値があるのか、現代の俳人の俳句を添えて、徹底的に教えてくれる。

文藝とアートがコラボレーションしている素敵な本なのだ。

多分これから長いつきあいになるような予感のする名著だと思う。

縄文とコラボレーションで思い出したが、「縄文ページェント」というオペラを作った作曲家仙道作三さんが書いた自伝「わがオペラの幕は上がる」も、最近読んで印象に残った本だ。

秋田県の中学を卒業して集団就職し工員になった少年が、オペラの作曲家として名をなすまでの話。

仙道さんは流山の友の会でも活躍し、家の近所に住んでいる方なので、よく知っているつもりだったが、こちらの想像を超えた、深い思想の持ち主で、ある意味では天才的な人だと知った。

仙道作三ホームページ

「2009年以後、仙道作三「時代の巨人シリーズ」として、宮沢賢治、与謝野晶子、松尾芭蕉、樋口一葉、小林一茶、森鴎外に取り組む予定。」だというが、この巨人たちのメンバーからして興味深い。

荒川区の顧問も務める仙道さんは、下町文化と東葛飾文化の興隆もテーマだという。

それは私とて同じ思い。激しく共感した。

仙道さんの才能の数百分か数千分の一くらいしかない、小さな才能かもしれないが、そんなことはどうでもいい。

仙道さんと今度お会いするの時が楽しみになってきた。

« アクロス・ザ・ボーダーライン | トップページ | ごめんよ。ニニ・ロッソ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本のことなど:

« アクロス・ザ・ボーダーライン | トップページ | ごめんよ。ニニ・ロッソ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31