交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ピアノと音読の楽しみ | トップページ | 最近読んだ本のことなど »

2010年5月29日 (土)

アクロス・ザ・ボーダーライン

6歳の娘とお風呂に入って言葉遊びをする。

「い」のつく言葉を思いつくまま二人であげてゆくのだが、娘は次から次へと思いつくのに、こっちは全然ダメ。

日頃、人並み以上に多くの言葉を扱っているつもりなのに、即座に頭に浮かんでくるのは「一斉捜索」だの「一揆」だのと大人じゃないとわからない言葉ばかりだ。

難しい言葉はしらなくても、誰でも知っていることばは、6歳の娘の方がイメージ豊かに使いこなせることに、ちょっとショックをうける。

でも、そんな娘が年頃になり、×××的なんて言葉を使い始めると、急につまらない大人になってゆくのだ。

自分もそうして大人になった。

デンゾーさんが言った「ボーダレス」というキーワードが、最近、気になって仕方ない。

人間はボーダーを作っていろんな分野で専門分化して、近代文明を作ってきたけど、きっとそれも曲がり角に来ているのは間違いない。

多分一番最初にそのことに気づいたのがW・モリスをはじめとする19世紀の思想家たちで、それから100年以上たって、60年代のカウンターカルチャーや、そのあとに、ニューエイジだとかいろんなムーブメントを経由して、誰の目にもわかるほど、近代文明が行き詰まってしまい、ほころびが目立つようになった。

けど、それ以上難しいことはわからないし、わかる必要もないと思う。

熟年世代に入って、残りの人生でひとつだけやっておきたいのは、心の奥底に「ぐぐっと」くる密かな感動を誰にでもわかるような形で、伝えたいということ。

勤め人をやっている時間は仕方ないから、一生懸命働くけど、それ以外のすべての時間は表現者として、生きてゆきたいと思うようになった。

世間の尺度で決める、「才能」なんて知ったことじゃない。

ぼくは中学校時代に、周りの大人から表現者として才能がないと決めつけられた。

けどね。本来すべての人がモリスの言うレッサーアートの表現者なんだよ。

きっと。

上野の西洋美術館にモネの絵を見に行ったら、刺激された。

モネが描いたような身近な水景が好きだし、ここから数キロ離れた真間の入り江に入水した手児名のイメージが欲しくて、国府台のじゅんさい池でこんな写真を撮った。

この写真、緑の美しさや、水のイメージを文章で語り尽くすことなど出来ない。

逆に永井荷風の文章に漂う空気感や、なんとも言えない哀しさを写真で表現することも、難しい。

芭蕉の俳句でもわかる通り、投げられた言葉は乱反射して、大きな波紋となって、イメージを広げてゆくから。

だから、モダンジャズの世界でビル・エヴァンスのピアノと、スコット・ラファロのベースがインタープレイを繰り広げたように、、仲間と時に寄り添い、時に反発し合い、新しい表現方法を作り上げてようって思う。

自分より先に死んでしまった友人たち。

小学生時代の友人だったクラシックギタリストのO君や、同じく小学生時代の友人で葉山で絵を描いていたアーチストのS君、大人になって知り合った建築家の馬之介と一緒にやるべきだったのに、やりのこしたことがたくさんあるから。

「アクロス・ザ・ボーダーライン」というのはライ・クーダーの名曲。

ライ自身が、「パラダイス・アンド・ランチ」というアルバムを皮切りに、それまでのアメリカンルーツミュージックのギタリストというボーダーを軽々と乗り越えて、自分の世界を拡大していった人なのだ。

高校生の頃、なけなしの小遣いをはたいて、出来たての「パラダイス・アンド・ランチ」を買い、初めて聴いた時の不思議な驚きと感動は今も忘れない。

才能がないと決めつけられた、何にも取り柄のない少年に残された、数少ない自己表現手段が、当時誰にも知られていなかったライのようなミュージシャンを応援することだった。

« ピアノと音読の楽しみ | トップページ | 最近読んだ本のことなど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクロス・ザ・ボーダーライン:

« ピアノと音読の楽しみ | トップページ | 最近読んだ本のことなど »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31