交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 水景が美しい小さな町鰭ヶ崎を歩いた | トップページ | やばいぞ。一挙に散歩日和 »

2010年4月24日 (土)

妙なるピアノの調べ

久しぶりに気持ちのいい朝。

半年続いた大嫌いな通信教育も終了。

これからはしばらく江戸文学に浸るぞーーーー。

雨月物語でしょ、春色梅ごよみでしょ、小林一茶に蕪村もいいな。

あ、もちろん荷風の研究もあるし、森茉莉や城夏子や林芙美子も読みたいし。

美術館や博物館めぐりにも行きたい。

『江戸名所図会』と広重の『名所江戸百景』を買ったから、東京下町や市川方面に写真も撮りにゆきたい。

5月2日には不忍ブックストリートの一箱古本市もあるから、ついでに小田健人と一緒にソバや酒やコーヒーを楽しまなくちゃいけないし、やりたいことだらけだよ。

などと息巻いていると、なにやら階下から妙なるピアノの調べが聞こえてくる。

いつもの妻や娘のピアノじゃない。ははあ、原賀先生が弾いてくれているのね。

って納得した。今日は先生が来てくれて、レッスンしてくれている。

こんな気持ちのいい朝に、先生のピアノを聴けるなんて、超ラッキーだよ。

原賀先生は東邦音大出の凄腕ピアニスト。電気楽器と違って、ピアノのようなアコースティックな楽器は生の音で聴かなくちゃ本当の良さはわからないからね。

以前このブログにも書いたと思うが子供の頃、路地裏から三味線の聞こえる花街根岸で育った。

物売りの声、子供達の歓声、洗濯する女たちの声や水音、ときおり現れるちんどんやの奏でるとぼけた音楽、そんな町の音が「楽しい生活のリズム」を作っていた。

そんな音たちがなくなり、日本中が電子音と車やバイクから出る騒音しか聞こえないような町になってしまった。

まだあまり知られていなかったドビュッシーを日本に紹介するほど音に対する感性がずば抜けて鋭い永井荷風が、今生きていたらどんなことを感じるのだろう。

荷風の死から50年たった今、荷風が住んだ東葛飾の片隅で、ぼくたち大人は、子供達のためにどんな音風景を残して行けるのか、そんなことを考える。

乗客が激減している流山線がワンマン化して、車内アナウンスも機械音に切り替わった。

それを時代の流れとして受け止められないで、必死にもがいている自分がいる。

« 水景が美しい小さな町鰭ヶ崎を歩いた | トップページ | やばいぞ。一挙に散歩日和 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
先日久しぶりに大きな本屋に行ったので「ポケット版楽しい東葛ウォーク事典」を探したのにありません。調べてもらったのに、ありません。しょうがないのであきらめてパソコンで調べたらアマゾンで品切れ。
本屋さんの件では、私がタイトルを間違えたからなのですが・・・やっと少し暇になったので、探して見ます。どちらの本屋さんに行ったら確実に手に入りますか?

ココログに移って記念すべき初コメントありがとうございました。
2週間前松戸駅東口の堀江良文堂には平積みになっていることを確認しましたので、多分あると思います。
あとは崙書房出版に直接電話かメールで問い合わせてもいいかもしれません。
とにかく真面目で、気持ちのいい人たちがやっている会社ですから、きちんとした対応をしてくれると思います。
連絡先は下記の通りです。:
〒270-0164 
千葉県流山市流山2-296-5
TEL:04-7158-0035
FAX:04-7158-2316
E-Mail:ron@ron-syobou.co.jp

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙なるピアノの調べ:

« 水景が美しい小さな町鰭ヶ崎を歩いた | トップページ | やばいぞ。一挙に散歩日和 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31