交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« やっぱり図書館が好きだ | トップページ | 春風の中、松戸を歩いて »

2010年3月27日 (土)

「ポケット版楽しい東葛ウォーク事典」が出た

最近『ポケット版楽しい東葛ウォーク事典』が出版された。

去年の春に研究誌として出たものを、誤植や訂正箇所を修正し、手に取りやすい判型にして、価格も下げて、崙書房出版が作ってくれたのである。

読み返してみると葛飾という広域文化圏を手際よく紹介した、今までありそうで、どこにもない本に仕上がっいる。

この本で千葉都民と呼ばれる多くの人に葛飾地域の歴史や文化を知って

もらいたい。

入手したい方は大きな書店に行くか、リンクを張った崙書房出版さんに直接連絡してほしい。

崙書房出版の落書落書には紹介文が載っている。

落書落書

最近葛飾中央図書館で借りた本に岩波文庫の『荷風随筆集(上)』をいつもカバンに入れて持ち歩くと、書いてあった。

その気持ちわかるなあ。

冒頭に「日和下駄」全文が収められ、「葛飾土産」ほか季節感豊かな他の随筆が並ぶあの本は、自分もしばしばポケットに入れて外出する。

特に市川に遊びに行くときは、必携なのだ。

『荷風随筆集(上)』に比べるなど、恐れ多いのは承知しているが、この本もポケットに入れて、町を歩いてほしい。

どこからも、誰からも、一銭のお金ももらわず、自分の好きな町を紹介したいという情熱だけで作った町歩きガイドは、あまたある類書とは比較にならない良書だと感じてもらえるはずだから。

« やっぱり図書館が好きだ | トップページ | 春風の中、松戸を歩いて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ポケット版楽しい東葛ウォーク事典」が出た:

« やっぱり図書館が好きだ | トップページ | 春風の中、松戸を歩いて »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31