交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 小野二郎追悼文集『大きな顔』の思い出 | トップページ | ちょっとすごいぞ。立原道造 »

2010年2月20日 (土)

上野は僕のこころの町だ

小田健人が「上野って過小評価されてるよね」という。

確かにそうだ。

上野の隣町というと東は浅草、西は谷中・根津・千駄木、南は秋葉原で、隣町はどこもTXや地下鉄に乗って観光客が押し寄せて、大盛況なのに、上野といえば新幹線が東京駅発着になるとか、駅前の大食堂聚楽がなくなったり、どちらかというと後ろ向きの話題が多い。

「アメ横だけ語られて、わかったつもりになっちゃう」

上野はたいへんゴージャスな町だ。

杉浦日向子は浅草を「部厚く豪勢な町」と評したけれど、上野は浅草以上にゴージャスな町だと思う。

徳川時代の初期に寛永寺を創建した天海という天台宗の坊さんが、江戸の庶民のためにデザインしたとてつもなく面白い町で、日本最初の地下鉄だったり、デパートの前身の勧工場だったり、博物館だったり、時代の最先端をいくものと、重層的に重なる歴史や文化の重みが同居している町だ。

グルメ散歩、文学散歩、歴史散歩、建築散歩と各種散歩のスポットには事欠かないし、単純に不忍池や動物園や博物館・美術館を楽しむだけでもいい。

もちろん、アメ横やコリアンタウンでお買い物もいい。

思い返せば、学生時代のバイト先も上野池之端だったし、妻と初めて出会った場所も上野広小路の風月堂本店だった。

高校のクラブの忘年会も毎年上野でやっている。

超個人的には彰義隊の墓と、どら焼きのうさぎやと、あんみつのみはしが必ず立ち寄りたくなるポイント。

どれもメジャーで、ちっとも通好みじゃないな。

いろいろ考えると、東京の町でどこが一番好きかといったら、やっぱり上野なんだと再確認した。

僕は5歳の時に台東区から郊外に引っ越したカントリーボーイなので、なんとなく緑が多い、広々とした場所の方がくつろげる。

だから、台東区に住みたいとは思わないが、だからこそ何度でも行きたくなるそんな町上野が好きだ。

« 小野二郎追悼文集『大きな顔』の思い出 | トップページ | ちょっとすごいぞ。立原道造 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野は僕のこころの町だ:

« 小野二郎追悼文集『大きな顔』の思い出 | トップページ | ちょっとすごいぞ。立原道造 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31