交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« デパートの灯はゆっくりと消えてゆく | トップページ | デジタル化時代の「生活の柄」 »

2010年1月30日 (土)

商品カタログを見て考える

親戚から香典返しに自分で好きなものを選べるカタログを送ってきた。

裕福な人なので、高価な商品が並んでいる分厚いカタログだ。

ところが、時間をかけてのすみからすみまで目を通した結果、欲しいものが一つもないことに驚く。

よく趣味の多様化とか、消費者ニーズの多様化とかいう。

ホントかなって、思う。

ユニクロや王将って何で流行っているんだ。

僕はユニクロや王将に行っても、何もワクワク感がない。

それなりのものが、めちゃくちゃ安く売っているので、コストパフォーマンスが人気の理由なんだろう。

「足を知る」という言葉が好きだ。

朝、家の近くの美容院で髪を切ってもらった。

指名できない店なので、たまたま一番お気に入りのおねえさんにあたって、なんだか朝から得した気分で、ウキウキする。

セオという自転車屋をのぞく。

最近折りたたみ式の自転車に興味があって、探しているのだ。

自転車を好きでたまらない店員さんたちが、甲斐甲斐しく働く様子が美しい。

自分の体がプラスのエネルギーで満たされてゆくのがわかる。

家の近くで味わえる小さな幸せが一番素敵だなって思う。

その足で、そのまま松戸の伊勢丹に行った。

何かが欠落してるし、僕が子供だった頃のデパートよりも退化している。

白い手袋でにっこり微笑む美しいエレベータガールはいなくなった。

土瓶に入った飲み放題のお茶がうれしい大食堂も消えた。

オモチャ売り場は縮小し、最後はここで締めという感じだった屋上遊園地もいまはない。

厳選されたいいものを、安心して定価で買う満足感は、生協や他の業態にとってかわられた。

杉並区に住む親戚から送られてきたものが、カタログではなく地元でしか買えない、本人のこだわりの一品だったりしたら、どれだけうれしかったろう。

なぜなら、その一品から、その人との会話がはじまるから。

新たな人とモノの出会いが生まれるから。

日々、そんなスリルを味わうことが生きている証だとおもうから。

そんな時間を仲間と共有したい。近頃、そんなことばかり考えている。

« デパートの灯はゆっくりと消えてゆく | トップページ | デジタル化時代の「生活の柄」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商品カタログを見て考える:

« デパートの灯はゆっくりと消えてゆく | トップページ | デジタル化時代の「生活の柄」 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31