交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ちょっとうれしい季節の到来 | トップページ | 最近はお化けも大変だよ »

2009年12月19日 (土)

旧い町とソバ好き連

日曜日に我孫子の資料を探しに、松戸市立図書館に行ったが、目当ての資料が見つからなかったので、退散し、ソバでも食って帰ろうと、たまに利用する平潟のソバ屋にゆく。

屋号は忘れた。思い出してもあまり教えたくない。

来迎寺や平潟神社にお参りしたついでに探して下さい。

すぐにわかるから。

決してグルメ本に載るような気合いの入ったソバ屋ではない。

一昔前なら(いや三昔前か)どの町にも一軒くらいはあったような、平凡なソバ屋である。

ところが、二時過ぎに入ったのに、ほぼ満席なのにびっくり。

チューハイを飲んで、文庫本を片手にくつろいでいるオヤジがいる。

「もう一杯、ちょうだい」

なんて叫んでる。

文庫本は池波正太郎か、藤沢周平あたりの時代小説だろうか。

岡本綺堂だと、ちょっと決まりすぎで、イヤミだな。

池波、藤沢あたりがほどよい案配だな。

なあんて、考えていると、カレー南蛮ソバが届いた。

550円である。安くて申し訳なくなる。

この前食べた天丼とソバのセットは600円だった。

本気で、もう少し払ってもいいのにって、思った。

よく考えれば、居心地のいい空間で、こんなに安くソバやどんぶりものが食べられる場所は、町の中にほとんど残っていない。

そんなことを思いながら、江戸川べりに足を運ぶ。

小向橋という橋があるのを知った。

松戸本町の自治会で作ったらしい。

松戸本町自治会のホームページ

やるなあ。本町自治会。

ここにはかつて対岸の三郷市小向との間を結ぶ「小向の渡し」があった。

よくみると、川底に石が積んである。桟橋の土台になった石だろうか。

そこから見ると三郷は目の前である。

すぐそこは東町や高洲で、知り合いも住んでる。

渡しがあった時分は、三郷の人たちはサクサクと松戸に渡って、買い物したり、楽しんだりしたんだろうな。

バスで金町に出れば、常磐線で都心に行った方がいい。

こうして、繁盛した松戸は東京に少しずつ、力を奪われてきたのかと思うと、切ない。

ながいな。このエントリー。

だんだん何を言っているのかわかんなくなってきた。

まあ、いいや。たまにはこんなのも。

で、養老孟司の「いちばん大事なこと」という本を文章講座で習って、ちょっと上から目線でイヤミな感じもする本だけど、いい本だった。

次のエントリーで書くけど、最近感動した田中優子「未来のための江戸学」と併せて読むと、日本の社会が未来へ向かうために、どう変わって行かなくちゃいけないのか、ぼんやりと見えてくる。

そんなことを思いながら、来年辺り、ぼちぼち「旧い町とソバ好き連」というのを松戸で始めたいと構想を練ってる。

「居酒屋好き連」だと、オヤジばっかりになっちゃうから、誰でも参加できるように「ソバ好き連」である。

「カフェ好き連」でもいいんだけど、大勢でカフェってのもいかさないから、やっぱし「ソバ好き連」がいい。

杉浦日向子も死んで、5年になるし、そろそろあちこちで「ソバ好き連」つくってもいいかなと思う。

平潟で歴史を学び、ソバ屋で酒をのむ。

楽しそうだな。

« ちょっとうれしい季節の到来 | トップページ | 最近はお化けも大変だよ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧い町とソバ好き連:

« ちょっとうれしい季節の到来 | トップページ | 最近はお化けも大変だよ »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31