交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 陸の道・川の道 | トップページ | 旧い町とソバ好き連 »

2009年12月 5日 (土)

ちょっとうれしい季節の到来

今住んでいる小金城址という所は、とっても木が多くて、紅葉が綺麗。

近くの本土寺の紅葉は遠くから観光バスで来るほど有名だけど、タダで見られる馬屋敷緑地の紅葉も見事なのだ。

先日、久しぶりに雨が降った夜、駅から(もちろん流山線の駅)から、歩いて坂を上っていたら、坂道に色とりどりの落葉が張り付いて、キラキラ光っている。

なんだかこの世のものとも思えないほど美しかった。

落ち葉を踏みしめるとサクサクいう音が愛らしい。

小金城址は晩秋から、早春にかけて一番いい季節を迎える。

街灯が少なく、夜の暗さが月を綺麗に見せる。

何故か、ここは冬になると風がぴたりとやんで、冬の、清涼で凛とした空気が心地よい。

三郷に住んでいた時は、冬が大嫌いだった。

江戸川の対岸で、数キロしか離れていないのに、冬になると息が出来ないほど強い風が吹き続ける。

小金城址とは大違いなのだ。

ちょっとうれしい季節の到来である。

« 陸の道・川の道 | トップページ | 旧い町とソバ好き連 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとうれしい季節の到来:

« 陸の道・川の道 | トップページ | 旧い町とソバ好き連 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31