交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 加藤和彦の死について考えた | トップページ | 江戸川沿いのスローライフ »

2009年10月24日 (土)

自然のリズムで暮らそう

先週「流星」が発売された。

今回は「鴬」っていうエッセイを載せてもらった。

小金城址にある我が家の近所は緑が多くて、ウグイスの声が聞こえる。

自分が育った台東区根岸にある鶯谷駅ではウグイスの声をスピーカーで流している。

明治時代はウグイスの鳴く風雅な緑の里だったはずが、ラブホテルとマンションだらけの街になってしまった。

やっぱり、ふるさと根岸より、いま住んでいる葛飾カウンティがいい。

人間には自然が必要なんだ。

最近、つくづくそう思う。

「鴬」と年内に発表する「路地裏のユートピア」では、ふるさと根岸のことを書いたのだが、書いているうちに、当初の思惑とは違って、失われた下町の自然(とそのリズム)を思いをはせるようになった。

昭和三十年代は郊外だけじゃなく、下町だって自然がいっぱいだった。

文芸評論家の好きな東京の下町と山の手の対立っていう構図はもう時代遅れだし、昔から言われる人工と自然の対立もぴんと来ない。

いま僕が一番気になるのは、人間を含めた自然を大事にする社会か、デジタル化を無批判に受け入れる社会のどちらを選ぶかということ。

仕事でモーレツにコンピュータを使い、テクノストレスで体調を崩して、初めて見えてきた課題である。

« 加藤和彦の死について考えた | トップページ | 江戸川沿いのスローライフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然のリズムで暮らそう:

« 加藤和彦の死について考えた | トップページ | 江戸川沿いのスローライフ »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31