交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« おいしい和菓子が食べたい | トップページ | 「フウチ」と間合い »

2009年9月30日 (水)

期待以上の怪人だった原ゆたか

2週続けてオープンしたばかりの新三郷ららぽーとに行った。

上りと下りのホームがすごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく離れていた(確か世界一か東洋一だったはず)何もない新三郷駅の変貌ぶりは驚くばかり。

三郷ではけっこう顔が広かったので、あの辺をぶらぶらしていると、どこへいっても必ず知り合いに会ったものだが(それくらいへんぴな町だった)、そんな新三郷は、夢のまた夢。

こんなの僕の町じゃない。5年前に松戸に引っ越して来てよかったと思った。

ところで、ららぽーとに行ったのは他でもない。

本屋で開催された原ゆたかのサイン会が目当てで、娘が「かいけつゾロリシリーズ」のファンなので、サイン会の整理券をもらっていたのだ。

で、肝心の原ゆたかは、期待以上の怪人ぶりで、魅力的な人だった。

まだ6歳の娘と正面から向き合って、自作の解説をしてくれ、本の楽しみ方を教え、イラスト入りのサインと、オモチャをくれた。

その間、一人10分近く時間をかけて、一生懸命話をしてくれる。

純真無垢な子供たちが感動しないわけがない。

多分、サインをもらった子供たちは一生原ゆたかのファンだろうな。

荷風作品以外、あまり小説を読まないので、好きな作家もなく、よく大型書店でやっている小説家のサイン会って、行ったことないけど、原ゆたかくらい真摯な態度で、読者と向き合っている人っているのだろうか。

一番わかりやすくて、人気のある本を書いている作家が、こんな姿勢で読者と接したら、どんな作家も彼に追いつけないだろう。

ポプラ社の本と原ゆたかは売れるべくして、売れていると、改めて敬服した次第。

本が売れないと嘆く前に、他の作家や出版社はここまでやっているのだろうか。

原ゆたかに生き方のヒントをもらった気がした。

« おいしい和菓子が食べたい | トップページ | 「フウチ」と間合い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期待以上の怪人だった原ゆたか:

« おいしい和菓子が食べたい | トップページ | 「フウチ」と間合い »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31