交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 実践の書W・モリス『ユートピアだより』 | トップページ | とりあえず、ピーアールです。 »

2009年9月 6日 (日)

ザ・ウェイト

昨日息子が出て行った。

大学時代も下宿していたので、一時的に実家に戻ってきたのだが、今回の旅立ちは完全なる独立で、おそらく二度と親子で同居することもないと思うと、少々感慨もある。

早朝、犬の散歩をしていたら、頭の中で、いつものようにあの曲が始まった。

自分の中で何かが新しく始まるときは、いつもこの曲だ。

「ザ・ウェイト」

映画「イージー・ライダー」の挿入曲。

ザ・バンドという自分にとって唯一無二のロックバンドの代表曲。

「重荷をおろせよ。」

「自由になれよ。」

この歌詞が、今の自分のことを歌っているようで、心にしみる。

23年間も一緒にいた息子がいなくなるのに、寂しくないわけはない。

でも、巣立ってゆく若鳥を見て、自分の仕事が終わったことに、ささやかな満足感も感じる。

同時に、山あり谷ありの激しかった夏が終わり、人生の秋が始まったことを実感する。

そんな複雑な気分の2009年9月が始まった。

« 実践の書W・モリス『ユートピアだより』 | トップページ | とりあえず、ピーアールです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ウェイト:

« 実践の書W・モリス『ユートピアだより』 | トップページ | とりあえず、ピーアールです。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31