交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 前川國男の建築に思う | トップページ | ザ・ウェイト »

2009年8月29日 (土)

実践の書W・モリス『ユートピアだより』

ネットで菅生沼の美しい自然を眺めていたら、以前写真でみたテムズ川上流のケルムスコット村を思い出した。

そう思うと、ケルムスコット村を愛したウィリアム・モリスが気になり始めて、『ユートピアだより』を最後まで、一気に読んだ。

近代デザインの父、社会運動家、ファンタジー文学の始祖などと言われるモリスについては、今までいろいろ言ったり、書いたりしてきたけど、『ユートピアだより』という作品はなかなか手強い。

何度か挫折している。

細部にこだわり始めるとちっとも面白くない。

有名なわりには読まれていない作品で、アマゾンで調べたら、いま辛うじて手に入るのは岩波文庫版ぐらいだ。

僕が読んだのは品切れ状態の晶文社版で、平野甲賀の装幀が美しい本だ。

装幀もいいが、内容が素晴らしいことに初めて気づいた。

そして、今日イギリスの庭園やカントリーサイドを観光で見て回ることが流行しているが、それも19世紀のイギリス社会に対して提案したモリスのビジョンであるこの本が出なかったらどうだったんだろう。

本の内容をちょっと矮小化しているかもしれないけど、ものすごくわかりやすく言えばモリス版「スローライフのすすめ」である。

いまなら当たり前に思えるだろうが、なにしろ19世紀に「スローライフのすすめ」を書いたことが信じられないし、100年前のイギリスの状態は、日本の今日の状態によく似ている。

本に着いている帯には「今こそ読まれるべき希望の書」とある。

そういえば、一番最後の場面でちょっと面白いコメントがあったので、抜き書きしてみる。

「世界にはやすらぎの時代がまだひかえている - でもそれは友愛(フェローシップ)が支配に取って代わったあかつきのことで、そうなるまではだめだということ - それをあなたはご自分の目でご覧になったのです。ですからおもどりなさい。」

友愛という古風な響きをもつ言葉を見て、某政党のキャッチフレーズを思い出した。

同じ言葉でも、その中身がどんなものか、モリスの友愛と某政党の友愛が同じ内容なのか、全くわからない。

ただ、間違いないく言えるのは、レセ・フェールといわれた19世紀の自由放任の資本主義社会と、フリードマン流の新自由主義が猛威をふるい大量の貧困層が生まれたいまの日本の現状はよく似ているということ。

19世紀の資本主義はやがて、鬼子のようにソ連のような共産主義社会・全体主義国家を生み出し、膨大な数の罪なき人々が粛正された。

21世紀のいま、なにも19世紀の二の轍を踏む必要などないだろう。

もし新しい政治体制が出来たらなら、某政党の唱える友愛の中身が少しづつでも、モリスの友愛に近づいて、『ユートピアだより』のビジョンが実現されるように願ってやまない。

« 前川國男の建築に思う | トップページ | ザ・ウェイト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実践の書W・モリス『ユートピアだより』:

« 前川國男の建築に思う | トップページ | ザ・ウェイト »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31