交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 明け方まで「雑居時代」を見てしまった。 | トップページ | イッツ・ア・ビューティフル・デイ »

2009年8月13日 (木)

上野・浅草じゃない台東区北部の名所巡り

暑い中、デンゾーさんご夫妻に付き合っていただき、三年ぶりに三ノ輪から根岸、千束、日本堤、南千住一帯を歩いてきた。

このブログのフォトアルバムにも一枚だけ、南千住の古い家並みの写真を載せてあるが、今日見たら手前の青い家は消滅していた。

さらに深刻なのは、井上安治の錦絵でも知られる千住ラシャ製造所の遺構の煉瓦塀が大幅にカットされて、ほんの一部しか残っていないことだ。

跡地に建てられた東京スタジアムが完全消滅してもなお、明治初期の遺構が残っているところが、荒川区の素晴らしいところだと思っていたので、大ショック。

仕方がないので、例によって建築のカケラハンターと化して、壊されたばかりの煉瓦のカケラを拾ってきた。

これが正真正銘の明治初期、大久保利通のアイデアで南千住に建てられた千住ラシャ製造所の残りわずかな煉瓦塀のカケラである。

それから根岸のグリルビクトリヤでランチを食べたので、店のファサードをパチリ。ハンバーグがとてもおいしかった。昔、新幹線の食堂車や、デパートの食堂に行かなければ食べられない、ごちそうだったころのハンバーグの味を思い出した。

根岸では特に町おこしをやっている訳じゃなく、観光地化する一方の谷中に比べると、町としては衰退していて、マンションばかり増えてしまい特に金杉通り沿いの商店の歯抜け状態が深刻化しており、とても悲しい。

それでもソフトクリームで有名な喫茶店デンに行ったら根岸大好きマップをくれた。

デンの店員さんの優しさに感謝。ソフトもそんじょそこらのソフトとはできが違う手作りの味。大満足だ。

今日うれしかったのは、久しぶりに日本堤にあるカフェバッハに行けたこと。

マニアといえるほどではないけど、コーヒーが好きで、おいしいコーヒー屋さんを訪ねて、あちこち行ったが、自分はここのコーヒーが日本一おいしいと思う。

いつ行っても変わらぬ接客と変わらぬコーヒーの味。

こんなコーヒーを毎日飲める日々があったらなあ。

たった450円で味わえる幸せ。

いまはそんなささいなことに、一番あこがれを感じている。

« 明け方まで「雑居時代」を見てしまった。 | トップページ | イッツ・ア・ビューティフル・デイ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野・浅草じゃない台東区北部の名所巡り:

« 明け方まで「雑居時代」を見てしまった。 | トップページ | イッツ・ア・ビューティフル・デイ »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31