交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« スモール・タウン・トーク久しぶりの2回目 | トップページ | 前川國男の建築に思う »

2009年8月16日 (日)

「まちものフォーラム」以降

以前、市ヶ谷のダムダン空間工作所で「まちものフォーラム」という集まりをやっていた。

数年前に亡くなった建築家の鈴木隆行(僕の仲間はこっそり、馬之助とか馬さんと呼んでいた。プロレスラーの上田馬之助に檄似だったから。文中では敬愛の念をこめて馬さんと呼ばせてもらう)が中心になって、毎月一回やっていた。

馬さんの人脈は質・量ともすごかったので、いま思えば、毎回豪華なゲストが現れた。

いま記憶にあるだけでも作家の森まゆみ、照明デザインの面出薫、写真家の本橋成一、軍艦島の研究者阿久井喜孝なんて人たちがいた。

周りがほとんど建築やアートの人ばかりで、僕の仲間たちだけ全く違う畑の違うメンバーだったので、馬さんは意外と歓迎してくれた。

当時はインターネットがはやり始めたばかりのころで、ITのプロを連れて行った時は、「まちものフォーラム」をどうやってネット展開しようかなんて真剣に話し合ったことも懐かしい思い出だ。

そんな馬さんとも少しずつ疎遠になり、亡くなってから数年が経った。

自分の中では不完全燃焼に終わった「まちものフォーラム」以降の展開を何か考えなきゃいけないと、正月に誓った。

都心の会場に有名な講師を招聘するのではない、住んでいる地域に根ざした地に足の着いた運動としての「まちものフォーラム」があるだろうと思う。

最近、山梨につなぐNPOという団体があることを知った。

自ら印刷機能をもって、町とミュージアムを紹介する小さな冊子を100種類以上作って、それをテキストにガイドツアーをやっている団体である。大学と連携して若い人が参加しやすい活動を行っている部分も見習いたいところだ。

もしかすると馬さんの「まちものフォーラム」の先にはこんな展開があったのかもしれない。

四谷荒木町の町おこしの先鞭をつけながら、(いろいろ事情はあったのかもしれないが)やがて忘れられた馬さんのことを思い、地元でゆっくりと、少しずつ、着実に形を作って行けたらと思う。

« スモール・タウン・トーク久しぶりの2回目 | トップページ | 前川國男の建築に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「まちものフォーラム」以降:

« スモール・タウン・トーク久しぶりの2回目 | トップページ | 前川國男の建築に思う »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31