交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 菅生沼と江戸の不思議な関係 | トップページ | 明け方まで「雑居時代」を見てしまった。 »

2009年8月 9日 (日)

大原麗子の訃報に思う

荷風の死に方についてブログで書いたら、大原麗子が荷風と同じように孤独な死をとげたと報道された。

大原麗子といえば僕には「雑居時代」だな。

テニス部を辞めて、勉強も最悪で、家でロック聞くだけのまるでダメ人間だった高校一年のころ、このドラマを見るのが楽しみだった。

大原麗子演ずる勝ち気で、気っぷのいい夏代という女性が素敵だった。

毅然としたたたずまいが美しかった。

そのイメージは後年、あの「すこし愛して」のCMに引き継がれて、その魅力が遺憾なく発揮されることになる。

2回離婚してひとりになって、ずっと病気と戦って、痛みに耐えて、孤独に死んでいった大原麗子は、荷風みたいでかっこよすぎる。

「ちょっと寂しくて」なんて言って、麻薬に手を出したり、病気を苦に自殺したりする人間が多い世の中だ。

持田叙子が荷風の死について言った言葉。

「グッド・ジョブ」を大原麗子に捧げよう。

そして「ありがとう」

« 菅生沼と江戸の不思議な関係 | トップページ | 明け方まで「雑居時代」を見てしまった。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原麗子の訃報に思う:

« 菅生沼と江戸の不思議な関係 | トップページ | 明け方まで「雑居時代」を見てしまった。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31