交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ゆっくりと荷風の世界に入ろう | トップページ | 「松戸宿坂川献灯まつり」はもうすぐだ。 »

2009年7月25日 (土)

三郷早稲田の新名所レストラン「青いそら」

20年近く三郷に住んでいた。

三郷時代、ご近所で妻の一番仲良しが、Sさんである。

そのSさんが早稲田でワーカーズコレクティブ運営のレストランを始めるというので、早速オープン日に遊びに行った。

Sさんはシューズデザイナー高田喜佐のもとでショップの店長をやっていた人で、デザイン力・企画力のある人だ。

靴のことはよくわからないが、わたしは高田喜佐のエッセイが好きで、ずいぶん読んだ。高名な詩人を母にもち、江戸趣味と近代的なセンスが共存したまれに見るハイセンスな文化人だった。

老境に入った高田喜佐はこれからどんな世界を表現してくれるんだろう。

Sさんにお願いして、いつか会えればと願っていた矢先、「喜佐さんが亡くなった。」と聴いた時は杉浦日向子の死から半年ほどの時だった。

これから21世紀の新しい着物文化を作ってゆくだろう二大巨星が、相次いで墜ちたことに、大きなショックを受けたことを思い出す。

そんなSさんと仲間たちが力を注いだコミュニティ・レストラン「青いそら」は気持ちのいい空間だった。

三郷文化会館に付属したその場所から大きな窓越しに見る早稲田公園の緑が、いつになく素敵に見える。

昨夜テレビでみたニューヨークの公園みたいだ。

日替わりのランチを食べた。

地産地消の野菜や安全な食材にこだわったお値打ちの手作り料理がシンプルだけど、美しい器に盛られて出てくる。

喜佐さんや大橋歩さんをよく知るSさんらしいセンスの店になってる。

地元の野菜も安価で直売している。

気分がいいので、御殿場産の地ビールを飲んでしまった。

こういうゆるーい午後のひとときって、いいなあ。

蒸し蒸して苦手な夏の午後が、とても気持ちのいい時間になった。

« ゆっくりと荷風の世界に入ろう | トップページ | 「松戸宿坂川献灯まつり」はもうすぐだ。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三郷早稲田の新名所レストラン「青いそら」:

« ゆっくりと荷風の世界に入ろう | トップページ | 「松戸宿坂川献灯まつり」はもうすぐだ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31