交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 東京の雀 | トップページ | 深川江戸資料館にて »

2009年6月27日 (土)

猫も裏町をゆく

仕事の帰りに吉祥寺の本屋をはしごして木村荘八「東京風俗帖」などちくま文庫や、別冊宝島「松本清張」などなど買いまくっていたら、帰りが遅くなり流山線がなくなった。

しかたがないので幸谷から小金城址まで夜の町を、大通りではなく、流鉄の線路沿いに歩いた。

馬橋からまっすぐだった線路は、このあたりから左に曲がって、その先には暗闇が広がる。

わたしはカーブしている線路が好きだ。なぜならそこから先に何があるのだろうかと、好奇心をかきたてられるからだ。

線路ぞいには近隣の住民が植えた草花が咲いている。

東京の下町を走る都電荒川線の線路沿いの風景によく似ている。

永井荷風は『日和下駄』で「裏町を行こう」と書いた。

パチンコやネットカフェも出来て、賑やかな新松戸の表通りに対して、このあたりは裏町の気分満載である。

スナックからカラオケの歌声が外に漏れて、流れ出す。

耳を澄ますと、昭和30年代に橋幸夫と吉永小百合がデュエットで歌った「いつでも夢を」だった。

流鉄の沿線は人を昭和30年代気分に誘う魔力でもあるのだろうか。

スナックのカウンターの向こうに小雪のような美しい女性はいないと思うが…。

そしてもし、二年連続で千葉文学賞を取り損ねたわたしが客としてスナックに行ったら、近所の自動車修理工場のオヤジに「ブンガク」と呼ばれるのであろうか。

冗談はさておき、野良猫が二匹悠々と線路を横断している。

「俺の愛猫タマ姫みたいに、車に轢かれるんじゃないよ」

わたしは夜更けの町を我がもの顔に歩くかわいい動物たちに、心ひそかにエールを送った。

   陽炎や猫にもたかる歩行(あるき)神   一茶

« 東京の雀 | トップページ | 深川江戸資料館にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫も裏町をゆく:

« 東京の雀 | トップページ | 深川江戸資料館にて »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31