交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 歌川広重が永谷園だけじゃないことを知った日 | トップページ | 水郷地域の地酒「五人娘」 »

2009年6月20日 (土)

ソバ屋で昼酒を楽しむ

今朝の朝日新聞の朝刊にこの前紹介した「楽しい東葛ウォーク辞典」が紹介された。

どこかというと31ページのちば東葛のコーナーです。

で、ちょっとうれしかったのは、よーーーく見ると、自分が書いた「鉄道ファン流鉄ぞいに歩く」のページが写真掲載されてる。

記事の中では紹介されていないので、ちょっとがっかりしていたのに、びっくりするやら、うれしいやら。

ちなみにこの本は市販されているが、ボランティアで作っている自費出版に近い形態の出版物なので、印税をもらうどころか協賛金を払って発行にこぎつけた貴重な本なのだ。

だから自信をもっておすすめしたい。

郷土に根ざす良書を出し続けている崙書房出版を助ける意味でも、是非本屋さんで買っていただき、手にとって葛飾カウンティ(僕が書いた部分は東葛だけでなく金町・柴又を含む葛飾エリアだから)での散歩を楽しんで欲しい。

もっとも散歩と書いたけれど、広大な葛飾カウンティでは、歩きにこだわらず、さりとてマイカーは使わず、バスや流鉄や京成・新京成など交通機関をどんどん利用するのが葛飾散歩を楽しくするカギだと思う。

なぜならソバ屋で昼から酒を飲むのが、葛飾散歩の楽しみだから。

« 歌川広重が永谷園だけじゃないことを知った日 | トップページ | 水郷地域の地酒「五人娘」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソバ屋で昼酒を楽しむ:

« 歌川広重が永谷園だけじゃないことを知った日 | トップページ | 水郷地域の地酒「五人娘」 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31