交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ソバ屋で昼酒を楽しむ | トップページ | 東京の雀 »

2009年6月21日 (日)

水郷地域の地酒「五人娘」

一度もお会いしたことないのに、なぜだか懇意にして下さるnecoさんが、花水木通信 neco便りの中で「ずいひつ流星」のことを紹介してくれた。

過分なお褒めをいただいて、うれしいけど、これまで人生の大半を劣等生として生きてきて、ほめられるより、後ろ指を指されるほうが多かったので、なんだか照れくさい。

necoさんは自分のことを田舎ものなんて、謙遜して書いているが、世界を旅して歩いているnecoさんはこっからすりゃ立派な都会人で、飛行機の乗り方もよく知らず、小さい頃は霞ヶ浦の漁師の家で育てられ、今は流鉄沿線でわあわあ言ってるローカルな僕なんか、田舎モンもいいとこだ。

それはさておき、娘が急にジュースを飲みたいというので、自転車で家を出たついでに、鰭ヶ崎の京北スーパーまで足を伸ばした。

寺田本家の「五人娘」という酒を買うためである。

醸造業が盛んだといっても流山のみりん作りは過去の話で、酒蔵もいまはない。野田で少し作っているが、醤油以外はちょっと元気がない。

それに比べて利根川沿いの神崎町では酒造りが盛んで、寺田本家という酒蔵もがんばっているので、一度飲んでみたかった。

自分の好みは芳醇で、なおかつ端麗な酒だが、五人娘は好みとは全く違って、びっくりした。

それなのに、なぜか心ひかれる。

決してどんな酒肴でも引き立てる名脇役ではない。

自然な酸味があり、個性の強い酒である。

でも淡麗辛口だらけの日本酒の中で、こんな酒があるのがうれしい。

利根川や霞ヶ浦でとれる川魚をつまみに飲むのもよさそうだ。

松戸や柴又の名店で売ってる佃煮にもあうだろう。

そのふくふくとした味わいに子供時代、多くの時間を過ごした水郷地域を思い出して、ちょっとうれしい休日になった。

« ソバ屋で昼酒を楽しむ | トップページ | 東京の雀 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水郷地域の地酒「五人娘」:

« ソバ屋で昼酒を楽しむ | トップページ | 東京の雀 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31