交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 金曜の夜だから、江戸戯作にしてみよう | トップページ | 『楽しい東葛ウォーク事典』をよろしく »

2009年5月30日 (土)

雨が似合う古い町

この一週間で読書が急に楽しくなって、本を買いまくったので、こづかいがなくなった。

こんな時は、家のまわりを散歩するのが一番いい。

つゆのような天候がつづく毎日だけど、案外この時期が好きだ。

自分が住む小金の町には雨がよく似合うと思う。

有名なあじさい寺の本土寺が近くにあるせいか、このあたりの民家ではあじさいが咲いている家が多い。

三郷にいたころは、どこにいってもサツキが多くて、5月が来るのが楽しみだったが、小金に引っ越してきてからは、あじさいの咲く頃が楽しみになった。

家庭の事情でほとんど旅行をしたことがないが、二十年近く前に行った金沢も雨が似合ってよかったな。

夏だったが、雨が町を洗うようで、黒い瓦の屋根がキラキラ光ってきれいだった。

犀川と浅野川という二つの川が町中を流れているところも好きだった。

近所だと、市川もいいな。

住工房傳さんのある国府台・じゅんさい池の周辺や、荷風さんが愛した弘法寺・手児奈霊神堂のあたりも雨が似合いそうだ。

さあ、「ニャロメ」のイラスト入りのTシャツでも着て、散歩にでかけるとするか。

« 金曜の夜だから、江戸戯作にしてみよう | トップページ | 『楽しい東葛ウォーク事典』をよろしく »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨が似合う古い町:

« 金曜の夜だから、江戸戯作にしてみよう | トップページ | 『楽しい東葛ウォーク事典』をよろしく »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31