交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 産業考古学という不思議な世界がある | トップページ | 『亀有だーい好き』を読んで »

2009年5月 4日 (月)

浅草花やしきは今日も大盛況

妻と娘と三人。浅草花やしきに行った。

流鉄応援団を自負しているが、南流山からあっという間に浅草に着く便利さは魅力的で、ついつくばエクスプレスを使ってしまう。

(ここで「つくばエクスプレス」の呼称を「TX」と言わないことが大事。発音しづらくて、舌をかみそうで辛くてもあくまで、他人行儀な呼び方をつらぬくのである。)

花やしきは入場制限が出そうなほど大盛況で、ローラーコースターなど40分待ちだという。

ずいぶん昔の話だが、入場料無料でも閑古鳥が鳴いていたのに、これもつくばエクスプレス効果だろうか。

しかたなく、休憩室の中でアサヒスーパードライのスタイニーボトルを飲んでいたら、いきなり暗くなって、こども忍者ショーが始まってしまった。

スタイニーボトルも三本目で、けっこういい気持ちになっているところに、忍者ショーである。

某浦安にある遊園地でやっている、しらふでお行儀よく座って「ぼくはミッキーマウスだよ」としゃべるぬいぐるみの演奏を聴くレビューの何倍も楽しい。

さっきまで七福神だったメンバーが忍者に早変わりして、迫力ある殺陣を見せてくれる。

服部半蔵の首がとれる場面には結構びっくりしたな。

子供向けでも、ゴレンジャーショーじゃなくて、忍者ショーというところが浅草らしくていい。

帰りに「混んでてごめんね」と、次回の無料入場券をくれた。

言い古された表現だが、下町の人情というか、人のぬくもりを感じた瞬間であった。

« 産業考古学という不思議な世界がある | トップページ | 『亀有だーい好き』を読んで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草花やしきは今日も大盛況:

« 産業考古学という不思議な世界がある | トップページ | 『亀有だーい好き』を読んで »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31