交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« カレー丼のあるソバ屋もいい | トップページ | 関さんの森に町の底力を見た »

2009年3月28日 (土)

今月の「散歩の達人」は柴又・亀有・金町

「他に何もしなくていいから、掃除だけはやっといてね」

と言い残して外出した妻の言葉に従い、天気のよい昼下がり、掃除を始める。

景気づけにBGMは、と思って引き出しをがらがらかき回してみたら、ジョン・サイモンの『ホーム』が出てきた。

クラシカルで、ジャジーで、ノスタルジックな伴奏と、眠そうなヘタウマボーカルがこの季節にぴったり。

いいなあ。新発見。

家事をやりながら聴くには最高のアルバムだぞ、これは。

ところで、「散歩の達人」は柴又・亀有・金町特集だというので、あんまり期待せずに買ってきて(以前買った北千住特集は正直言ってひどかった。)、ページをめくると、明治地図で歩く柴又・金町というページに目がとまる。

駅前の書店詩泉堂ならあるかもしれないと思って、探したけど見つからなかった明治の地図が載っている。

旧水戸街道のコースがくっきりとわかるし、「上矢切の渡し」(いま残っているのは下矢切の渡し」)の位置もわかる。

びっくりしたのは、日本煉瓦の工場がいまの外環道路のあたりにあったこと。

松戸・三郷界隈にはメガネ橋や閘門橋をはじめ煉瓦の構築物が多い。

メガネ橋は、確か利根川沿いの工場から運んだ煉瓦を使ったと資料にあったが、江戸川の水運を利用して、この工場の煉瓦も関東近県に運ばれたんだろうと想像すると、ちょっとワクワクする。

今月号の580円はなかなかお値打ちである。

« カレー丼のあるソバ屋もいい | トップページ | 関さんの森に町の底力を見た »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月の「散歩の達人」は柴又・亀有・金町:

« カレー丼のあるソバ屋もいい | トップページ | 関さんの森に町の底力を見た »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31