交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 今月の「散歩の達人」は柴又・亀有・金町 | トップページ | 荷風さん没後50年なのだ »

2009年3月29日 (日)

関さんの森に町の底力を見た

幸谷にある関さんの森エコミュージアムで「みどりと生きるまちづくりフェスタ」というお祭りがあるので、娘や両親と一緒に遊びに行った。

朝10時過ぎに着いたのだが、思わぬ人出にびっくり。

偉そうにしているじじいたちだけに椅子とテーブルと(灰皿も)が用意され、国会議員候補者が握手しに訪れる近所の商店街の盆踊り大会( 祭りの後の寂しさ)とは全く違う雰囲気で、人々の表情がいい。

企画した人たちのこころざしの高さと、愛情が伝わってくる催しだからこそ、これだけの人が集うのだと思う。

盆踊り大会で邪魔者扱いされたうちの娘が、ここでは竹とんぼを作ったり、鬼ごっこしたりと大はしゃぎ。

すぐに飽きると思ったら、なかなか帰ろうせず、世話役のおじさんたちに名前までしっかり覚えてもらえたのが、なによりもうれしい。

その上、今日はうれしいことに素晴らしい人との出会いがあった。

千葉大学地域観光創造センターの特任研究員中島敏博さんという方がその人で、流鉄沿線を中心に緑地計画や市民運動の研究をしておられる新進気鋭の学者さんである。

流山の旧市街を盛り上げるための活動も始めようとされているという。

二年前、TXの開業に危機感をおぼえ「東葛流山研究25号」に「流山をワクワクさせる元気な商人たち」という文章を書いたが、自分は中島さんのような若手の優秀な頭脳が流山を元気づけてくれることを、一番期待していたのである。

いまをときめく谷中・根津・千駄木だって、森さんたちの小さな雑誌から始まったのだ。

雑誌「谷中・根津・千駄木」が出る少し前に、友人と谷中に遊びに行き、いまは大盛況だが、当時は閑散としていたミルクホールで、町の面白さについて語り合ったことを思い出す。

自分は20数年間森さんたちの活動を横目で見ていただけで、なにも協力したことはないが、流鉄沿線は我が町である。

とはいえ、長時間労働の長時間通勤で時間はないし、毎週土曜たびに那須高原までセルフビルドに出かけた当時の体力も失われた。

出来ることから始めてみたい。

« 今月の「散歩の達人」は柴又・亀有・金町 | トップページ | 荷風さん没後50年なのだ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関さんの森に町の底力を見た:

« 今月の「散歩の達人」は柴又・亀有・金町 | トップページ | 荷風さん没後50年なのだ »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31